雅音人の制作日記

artwing.exblog.jp

雅音人の日々の制作風景をつづっていきます。

ブログトップ | ログイン

<   2018年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

雅音人コンサート情報

七夕の夜の雅音人コンサートです。新曲も書き下ろしでお送りいたします。
~星々のめぐりあわせの夜に、大切な人と大切な思いを確かめるひとときを~

7月7日は、雅音人、七夕コンサート!
銀河と響き合う夕べ

2018年7月7日(土) 午後7時(開場 午後6時半)

会場:あづみのコミューンチロル

長野県安曇野市豊科大字南穂高5089-1
0263-72-3322

チケット:シングル 2500円、ペアチケット 4000円
当日券:シングル 3000円

中高生:1000円 小学生以下無料
未就学児はご遠慮ください。

サポート 玉井亜紀(ピアノ、シンセ)

ご予約、お問い合わせ アートウイングレーベル
0561-56-8370

どうぞよろしくお願いいたします。

d0063599_23085549.jpg






















d0063599_23085411.jpg


by artwing | 2018-06-25 23:14 | コンサート情報
現在、雅音人は全国へのツアー準備を行っていまして、

広島も9月9日、北海道、四国ツアーも11月に行われる予定になりそうです。

また、雅音人を知って頂くためのミニライブなども行いますし、ご依頼をいただくコンサートで、

音響のいらないところもあれば、音響が必要なところもありますし、

オペレータ手配、機材セッティング、リハ、などなどツアーに於いてはかなり困難な状況もありまして

車ならともかく遠方の場合バス移動も可能など、ポータビリティーにも優れ、重さも軽く、セッティングに時間がかからない、

ハウリングを抑えながら外音を確認して、演奏者、つまり僕が自分で調整しながら演奏可能。


たまたま出会った機材がこれ。

BOSEのL1。これ、2009年からずっとそのままある機材なのですが、何と言っても高い。

以前から存在は知っていたが、今回たまたまユーズドのものがあり手に入れることが出来ました。


d0063599_21480846.jpg














サウンド感はとにかくはっきりくっきり、という印象です。それと音が飛びます。

遠くにいても言葉が聴こえるというのはすごい。

これ一本で180度届けられるっていうふれこみ。

演奏する人の後ろに1本置いて、演者もお客様と同じ音を聴きながら演奏ができるという機材。

ただ、それをするためにはハウリング防止がどうしても必要なことと、

単体だとボーカルにリバーブをかけることが出来ないので、それが必要なのですが、それをうまく解決してくれるのが

BOSEのT1という専用デジタルミキサー。現行品はT4とか、T8という形になっているみたいですが。

d0063599_21480649.jpg













d0063599_21480676.jpg













d0063599_21480711.jpg













これがあって、初めてL1のポテンシャルを発揮できるという形のようです。

4/5チャンネルがあるので、そこに他のミキサーを突っ込むこともできますし、LRのオケ的なものも入れられる。

チャンネルごとにプリセットなどが用意されているので、それを使って音作りをしたり、

プリセットを記憶することもできるようですね。

アウトプットというホーンジャックが入れられるところがありますが、そこから、本体のギターのマークのあるジャックに

差し込むのですが、話によると、バランスケーブルじゃないとノイズが出るらしい。要するにステレオケーブルですね。

それを使わないとってことらしいです。

d0063599_21480769.jpg




















まずは、今週は14日中津川、15日白馬、16日塩尻、17日朝日村、18日白馬という予定があるので、

そこで、試してみます。


というか、これ、冒頭でも言っている通り、2009年からありますので、いろんな情報があるのがありがたい。

僕も使ってみて、報告しますね。



とにかく、雅音人は、どんなに厳しい環境に於いても、お客様が期待されるのは

Tamikoさんの歌声と歌詞とメロディーなので、

短時間で、それをお届けすることを可能にするという音響システムは、僕らにとって必需品ともいえるかと

思います。


18日以降、愛知に帰ったら報告を書きたいと思います。




by artwing | 2018-06-13 01:39 | 雅音人の制作日記