音楽制作は少人数で行われるワケ

音楽制作って、大抵の場合、少人数でおこなわれていることが多いですが、

その理由は何なのか?というお話です。

音楽制作は少人数で行われるワケ_d0063599_09285048.jpg

簡単に言えば、音楽性や、人柄をよく分かったメンバーでないと

同じ方向を向いて音楽制作が出来ないからというわけです。

100人いたら、100通りの音楽性があります。

みんな100%音楽性は違います。

その人達と、良い化学反応を起こせるような人こそと一緒に音楽制作がしたい、というわけです。

そうなりますと、いきなり会って、さあ、やりましょうとはなかなかなりませんし

かなり時間が経たないと分かり合えないことかと思うのです。

音楽制作はそういうデリケートな部分がとても大きくしめていまして、

実は演奏が上手い、ということは、2の次、3の次という世界なのです。

特に、バンドをやっている人の場合は、まちがいなく経験されているはずですが、

バンドというのは、音楽性の前に、人間関係なのです。

僕なんかは、「自分は演奏が上手いです!」と自分で言うような人とは一緒にはできないな、と思ってしまいます。

まず、人間関係という段階で、デリカシーの無い人なのではないか?と疑問に思ってしまいます。

あえて演奏については、この人が奏でるフレーズがいい、この人じゃないと出せない音がある、

という部分の方がずっと重要だと思っています。

大抵大きな仕事をされている方々、世界的な仕事を行っているような音楽制作者の方々は

演奏も素晴らしいですが、人柄もすばらしい方々ばかりです。

逆に言うなら、この素敵な人柄の方だから、沢山仕事があるんだな~と思ったりします。

音楽って一種独特な世界がありまして、

ステージで行っているパフォーマンスを観て、特に昔は、ハードロックをやっている、というだけで不良とか

言われる時代がありましたが、不良と呼ばれながらも、音楽を長く続けてこられた方々は例外なく、

不良どころか、純粋に音楽に向き合い

自分の中で音楽性と戦い、切磋琢磨してきた方々です。

ステージを降りると、実にいい人、という方が多くてびっくりします。

そんなとき、音楽って、ジャンルはどうでもいい、本当に素晴らしいって思います。

今や、テレビはあまり観られないようになってきて、ラジオも、最近の知ってる音楽しか流れない

アーティストとしてどうやって知ってもらおうか、という時、

自分で営業もして、動画をアップして、演奏もして、音源も制作する、

SNS等で人と人のつながりを作りながら

自身をプロデュースするということがとても重要かと思います。

そうすると、自分と一緒にやってくれる人、

お互いに共鳴しあえる人柄の人、自分が感動する演奏の出来る人

こう話してくると、たしかにみんな少人数でやっている理由があるってわけです。

注意してほしいのは

アーティストとして妥協しろ、という事を言っているのはありません。

アーティストは、人としてちゃんとしている上に、プロデューサーとアーティストは立ち位置は

アーティストが方向を決めて、プロデューサーがそのサポートをする、というのが正しい位置関係かと思います。

自分は何がしたくて、こういう方向へ行きたい、そういう方向が明確であればあるほど

その形が実現しやすくなります。

そんなわけで、僕と同じような立場の人も最近出て来ているみたいですが、

アーティストという立場の場合もあり、制作スタッフという立場の場合もある、というわけです。

アーティストの場合は、方向性をしっかりと示さなくてはなりません。

こんな感じのものを作りたい、となると、スタッフは少人数で分かり合える方で作っているという感じです。

逆に制作スタッフの場合は、自分がどうしたい、というのは出してはいけません。

アーティストがどうしたいのか、を実現してさしあげる、というのが僕の仕事になります。


時と場合により、立ち位置が変わることも多く、いろいろ難しいこともありますが、

何より、奥の人間性が問われる仕事であることは間違いありません。

音楽を磨くのも重要ですが、何より、自分自身を磨くということが、重要な仕事かと思います。







by artwing | 2021-05-29 09:31 | 40歳以上の音楽スタイル

雅音人の辻が語る、40代以上の方々に送る、質感にこだわる人生のススメ


by artwing