あなたを慕う花でした・・・かりん

★youtubeリンクは記事の一番下にございます。そちらからお聴きくださいませ。



あなたの大切な人が、今はもういない・・・

あなたの匂いを感じたい・・・


あなたを慕う花でした・・・かりん_d0063599_16465463.jpg
2015年に晴れ渡る空のカップリングで収録された曲です。

雅音人もいろんな人生を辿ってきました。。

レコーディング中に編集していて不覚にもホロリと涙がこぼれてしまったという曲です。


実は真実は分からないのですが、この曲が出来るまえに、民子さんが、

自分のことを「お母さん」と言いながら育てていた耳の垂れたウサギのドロップ君が寒い中

ケージの中で亡くなってしまったのです。

実はこの日、雅音人はコンサートに出かけていて、民子さんはドロップ君のことが気になって気になって・・

と話していました。

帰ってきて、動かなくなっているドロップ君に会い、きっと呼んでたよね・・ごめんね。寒い思いをしてごめんね・・

と話しながら 涙ながらにお葬式をしたのを覚えています。

そこからこの歌が出来たように思うのですが・・ドロップ君がこの曲を書かせたのかもしれませんね。

あなたの大切な人も、この曲から心によみがえってくるかもしれませんね。



かりん

あなたを想う花でした 春の風そっとゆらす

白く清らかなその花は あなたが微笑むようでした・・

秋の日の縁側に 金の光あふれて満ちて

あなたのすわった場所に かりんの実を一つおいた

いつまでもながめています・・・

涙がほろりこぼれました・・・


あなたを慕う花でした 耐えるように忍ぶように

いつしか葉陰に散り終えて 固くも芳(かお)る実をつける

薄く切り甘く漬けた かりんを口にするたび

ほのかにたどる思い出

あなたに出会えた様で 

やさしすぎて 切なくて 

涙がほろり こぼれました・・・


時は流れゆき 愛はさすらう

悲しみをぬり変えて 明日はまた巡り来るけれど


ひと時だけ時をとめて ぬくもり抱きよせる

いつまでも ながめています

涙がほろり こぼれました・・・


現在は、雅音人Single collectionに収録されています。





by artwing | 2020-06-02 15:28 | 40歳以上の音楽スタイル

雅音人の辻が語る、40代以上の方々に送る、質感にこだわる人生のススメ


by artwing