たのしき恋の盃を君が情に酌みしかな・・初恋(島崎藤村)

★youtubeリンクは記事の一番下にございます。そちらからお聴きくださいませ。


今の時期、2020年という年は、過去に経験のない

これから先に振り返っても歴史的な年ということになるのでしょうね。

緊急事態宣言を受けて、自宅にて、どこにも行かずに暮らしているという方も多いかと思います。

そんなときに、こういう曲、どうでしょうか?

島崎藤村の詩に、雅音人が曲を付けました。

あの有名な「初恋」という詩です。

たのしき恋の盃を君が情に酌みしかな・・初恋(島崎藤村)_d0063599_11094873.jpg
まだあげ初めし前髪の
林檎のもとに見えしとき
前にさしたる花櫛の
花ある君と思ひけり


やさしく白き手をのべて
林檎をわれにあたへしは
薄紅の秋の実に
人こひ初めしはじめなり


わがこゝろなきためいきの
その髪の毛にかゝるとき
たのしき恋の盃を
君が情に酌みしかな


林檎畑の樹の下に
おのづからなる細道は
誰が踏みそめしかたみぞと
問ひたまふこそこひしけれ

youtubeリンクはこちら


by artwing | 2020-04-20 11:18 | 40歳以上の音楽スタイル

雅音人の辻が語る、40代以上の方々に送る、質感にこだわる人生のススメ


by artwing