大正時代の文学少女清水澄子シリーズより 心の泉、二つの愛

★youtubeリンクは記事の一番下にございます。そちらからお聴きくださいませ。


自宅でゆっくり聴いていただくにはとてもいい音楽では??

と思いまして、こんな曲も公開。

雅音人は、長野県の活動が多いのですが、

この曲は、大正時代、長野県の上田市で生まれ育った

夭折の文学少女「清水澄子」さんの作品に曲を付けて、雅音人が作品化したというものです。

大正時代の文学少女清水澄子シリーズより 心の泉、二つの愛_d0063599_17214340.jpg

清水澄子さんの詩のタイトルは、無題2 というタイトルなのですが、

曲では「心の泉」というタイトルを付けております。

もう一曲の「二つの愛」は、清水澄子さんの詩の中でも 二つの愛 というタイトルで書かれております。


この曲は配信限定リリースされた曲なのですが、

youtubeにアップしていただいておりますので、皆さんに広く聴いていただければと思います。

心の泉は後半のあたりが聴きどころですし

二つの愛は、バックはアコースティックギターのみの仕上げで作りました。

年代のはやりにもよりますが、少しリバーブが深めですが、良い感じに仕上がっていると思います。

ちなみにギターは、K.Yairiの辻スペシャルと使用しています。


音源はこちらです。



詩は、大正時代の文学少女、清水澄子さんの作品です。(ささやきより)

by artwing | 2020-04-12 17:24 | 40歳以上の音楽スタイル

雅音人の辻が語る、40代以上の方々に送る、質感にこだわる人生のススメ


by artwing