音響には、お金をかけてでもBOSE L1を使うと、ミュージシャンの悩みが解決する!

ミュージシャンにとっては、音響というのは、大変重要なポイントなのです。

それは、どんなに良い演奏をしても、音響次第で、声が聴こえない、ギターがデカすぎる、などなど、リスナーは、その音響を通してじゃないとアーティストの音に触れることが出来ないのです。

よし!!音響機材を自分で集めて、自分でセッティングをして、自分でオペレートやって、これで自己完結型の音楽活動を僕もやってみよう!!

とはいっても、そこには大変な問題があるのです。

音響さんがいない現場というのは、ステージの前にPAスピーカーがあって、ちょうどスピーカーの裏で演奏するわけです。

ということは、スピーカーの裏だと、びっくりするくらい、外でどう聴こえているか、ステージでオペレートしている側には分からないのです。

どんなバランスでお客様に音が出ているか分からない、という大問題があり、この悩みは、実は僕らも、何年も続きました。

ステージには、フロントにはPAスピーカーというお客様に音を届けるためのスピーカーがあります。

そして、ステージ側には、モニターという、演奏する側に音が聴こえるようにするスピーカーがあります。

このモニターというのは、演奏者が演奏しやすいバランスで鳴るように調整していまして、フロントのお客様に音を届けるためのスピーカーとは全く違ったバランスで鳴っていたりします。

ところが、ステージ側でPAを演奏しながら行う、なんてことになると、モニターを鳴らすと、外のお客様へのスピーカーのバランスが余計分からない。

いくら演奏しやすいと言っても、ちゃんとお客様にバランスよく音が届かないと意味がないわけで、お客様にとっても、ギターが大きすぎてボーカルの言葉が分からなかった等の問題になるわけです。

モニター無しでは、例えばカラオケと同期して演奏するということになると、モニターが無いとカラオケが聴こえないわけで、聴こえないカラオケに合わせて演奏するってことは至難の業。

さ、どうするかってわけです。



そこで、ついに登場した、これです。BOSEのL1という、棒が1本立っている感じのPAスピーカー。

音響には、お金をかけてでもBOSE L1を使うと、ミュージシャンの悩みが解決する!_d0063599_21480741.jpg
音響には、お金をかけてでもBOSE L1を使うと、ミュージシャンの悩みが解決する!_d0063599_21480846.jpg
音響には、お金をかけてでもBOSE L1を使うと、ミュージシャンの悩みが解決する!_d0063599_21480747.jpg

これが、その悩みをすべて解決してくれます。

専用のデジタルミキサーT1というのもありまして、これと一緒に使うことによって、ハウリング対策や、マイクの特性に合わせたプリセットなども用意されていて、非常に良いエフェクトも入っています。

音響には、お金をかけてでもBOSE L1を使うと、ミュージシャンの悩みが解決する!_d0063599_21480676.jpg
音響には、お金をかけてでもBOSE L1を使うと、ミュージシャンの悩みが解決する!_d0063599_21480649.jpg
音響には、お金をかけてでもBOSE L1を使うと、ミュージシャンの悩みが解決する!_d0063599_21480711.jpg
これが、実際に活用されているときの写真です。

音響には、お金をかけてでもBOSE L1を使うと、ミュージシャンの悩みが解決する!_d0063599_01150286.jpg
音響には、お金をかけてでもBOSE L1を使うと、ミュージシャンの悩みが解決する!_d0063599_01193979.jpg
この目立たない、空調機の少し左に見えるのが、L1です。

このコンサートは約100人弱の規模でしたが、音響システムは、このL1一本だけなんです。

なのに、はっきりと言葉も聴こえる上に、このL1、棒が一本立っているだけなのですが、全体に180度音を届けることが出来るのです。


ということは、どういうことか。

演奏者の後ろにスピーカーがあるということは、お客様にどんな音のバランスで音が届いているか、確認しながら演奏できるわけです。この時にはPAさんがいてくれましたが、自分でどんな演奏しているか、モニター的にも聴きながら、外の音も確認しながら演奏できるわけです。

ただ、T1というデジタルミキサーが無いと、このスペックを発揮できないのです。

今は、T4とか、T8というデジタルミキサーも出ていますので、それを使うともっとチャンネルを使えますし、このT1でも、ミキサーをかまして、4/5チャンネルがステレオのLRで入力が出来るので、ミキサーから、このT1の4/5チャンネルに入力すると、チャンネルを増やすことも可能です。


とにかく、音が遠くまで飛んで行きますので、反響音の大変な場所でも、スピーカーの高さを調整すると、180度の範囲で音をお届けできますので、これ1本で、昔はかなり難しい現場でもすんなり良い音響の役割を果たしてくれます。

音響には、お金をかけてでもBOSE L1を使うと、ミュージシャンの悩みが解決する!_d0063599_01291661.jpg
これを見てください。

周りが全部大理石とガラスで、大変な反響音の中でのコンサートですが、演奏者の後ろにあるのがL1です。ミキサーはT1だけです。

PAはこのL1、これ1本だけです。
高さを、お客様の耳のあたりに合わせて、180度音が飛んで行きますので、反響音が激しくても、言葉がはっきりわかるというコンサートが可能になるのです。

普通のPAですと、左右にPAスピーカーが来るので、真ん中あたりや、スピーカーの音が届かない場所は、反響音でほとんど言葉が聴こえなくなるというのが普通かと思いますが、180度の広範囲をカバーできて音飛びがいいので、スピーカーの高さの調整で、この広範囲に渡って、何の問題もなく言葉を届けることができるのです。

さらに、この時はPAさんがいません。ですが、後ろにスピーカーがあるので、どのようなバランスで演奏しているか、というのも、僕ら演奏している立場の者にもよく分かるわけでして、この時はカラオケとの同期を使って演奏するのですが、後ろにL1があるので、よくカラオケも聴こえて問題なく合わせることができました。


この機材は、外音(お客様が聴く音)、モニター、反響音、オペレーター不在などの問題をもクリアしてくれるスーパー機材なのです。


さらに言うなら、セッティングにかかる時間が約15分~30分という短さで可能なのです。

運搬するための労力も、1/5くらい。そもそも、機材の絶対数が少ないですから。普通のPAですと、フロントのPAスピーカーが2台とスタンド、さらにモニタースピーカー、パワーアンプなど必要なのですが、このL1はそもそも、それら全てがこの1台だけに凝縮されているわけですので。




ただ、問題は、高い。

L1とT1で、20万円前後というお値段。

とはいっても、音楽活動する上において、PAは必須。どうしてもちゃんと届けられるものではないと、コンサート自体の意味まで問われてしまうので、
この手のスーパー機材は、是非手に入れていただいて、活用していただければと思います。




以上、音響には、お金をかけてでもBOSE L1を使うと、ミュージシャンの悩みが解決する!でした。


ご要望や質問、ご希望などはメールにて受け付けています。

info@artwinglabel.com

こちらまでお寄せください。

by artwing | 2019-05-13 01:44 | 40歳以上の音楽スタイル

雅音人の辻が語る、40代以上の方々に送る、質感にこだわる人生のススメ


by artwing