雅音人の制作日記

artwing.exblog.jp

雅音人の日々の制作風景をつづっていきます。

ブログトップ | ログイン

「清内路のおおまきの木が・・・」By Tamiko

「清内路のおおまきの木が・・・」

7月23日(土)、私たち雅音人は
安曇野市ファインビュー室山にてロビーコンサートをしておりました。
3部構成で
最終のコンサートが午後7:30からスタート。
そしてこの日2回目の
「おおまきの愛の詩」の演奏を行ないました。
最新の曲であり、ウクレレ演奏を私自らがする曲ということで
お客様の前で演奏する機会を増やそうと思っていたからです。

気持ちよく(ちょっとミスはあったけどね)演奏をして
3部を終了し
心地よい疲れの中
着替えて片づけを・・・と思い控室へ戻るとメールが!

「おおまきが!!」というタイトルの田之上さんのメール。
「大きな枝がごっそり折れてしまったようです・・・」

おおまきの木がある地元清内路の桜井さんが
フェイスブックにその写真とともにコメントしてくれたらしい。

すぐに辻さんと確認、愕然としました!
全体の3分の1を失うほど
幹からごっそりと欠けて見える写真でした。
こんなことがこのタイミングで起きるなんて・・・
あまりに突然で
感情が思うように働かなかったんだと思います。
命あるもの こういうことが起きても不思議ではない
冷静に自分に言い聞かせていたのだと思います。

さっきまでおおまきの木の説明をして
「おおまきの愛の詩」を歌っていたことが
信じられなくなりました。

コンサートの片付けで遅く帰り
疲れ切って倒れるようにその日は眠ってしまいました。
次の朝になって
じわじわと事の重大さが押し寄せてきました。
下見に行った時おおまきの全体写真をデジカメで撮りました。
あれが最後の雄姿だった?
知らせをもらう直前まで
おおまきの説明をしていたこと。
そして「おおまき」という言葉を歌詞にして
作った曲を歌っていたこと。
その何もかもが
胸に込み上げて
思わず泣きそうになりました。

d0063599_23164493.jpg


どうか元気になって!
もう一度私の歌を聴いて!

今日確認したところ
木の周りは立ち入り禁止になっているとのこと。
今は何もかも
清内路の関係者の皆さんにお任せして
経過を見守りながら祈るしかないです。
悲しいお知らせとなりました。
でもきっとまた会いにゆきます。
おおまきの木に・・・・
by artwing | 2012-06-24 23:17