音響機材~リバーブ~

今年はホント様々なコンサート、レコーディングに参加させていただいて、
感謝であります。
毎週、コンサートで、
HANAさん、進歌2009、安曇保育園、などなど
出会いもたくさんあって、幸せです。

いよいよ明日ラブアースライブ2009が行われます。
お近くの方、是非お越しくださいませ。

で、音響機材は、うちで持っているものを使ってやるのと、
パーカッションのSAL氏に持ってきてもらうのと組み合わせなんです。
安曇保育園で、コンサートを行った際、リハの段階で、リバーブの調子が
ちょっと悪いな~って感じたんですね。
残響音にノイズが乗るのです。
先日までは、BEHRINGERの卓を使ってまして、
SL2442FX-PROという機材でしたが、これは卓にエフェクトが2系統搭載されていたんですが、
不具合が出てきて、卓を買い換えました。
MACKIEの1604-VLZ-PRO。

音響機材~リバーブ~_d0063599_752272.jpg


これはエフェクトは搭載されていない関係で、
持っていたのは20年も前のリバーブで、YAMAHAのFX500

音響機材~リバーブ~_d0063599_79320.jpg


というあるものを活用しようと思って、
使っていましたが、そんなわけで、ラブアースライブの音響もうちのものをほとんど使うわけで、
どうしようかな~って思った結果、リバーブの様なサウンドに直接かかわるものは、買わないとだめだと
思いまして、
TCエレクトロニックの、M350というリバーブを購入しました。

音響機材~リバーブ~_d0063599_73319.jpg


機材は、どうしても物ですから壊れるという日が必ず来るとはいえ、良いサウンドでコンサートはしないと
当然いけないわけで、買い換えにもお金がかかるわけですよね。
致し方ないですが、どこまで求めるか・・・
予算的にはまるもので、最高クラス。
いつも安くて良い物はチェックしていますが、今回もその手のものであります。

現在の、音響現場で使うエフェクトのラックです。

音響機材~リバーブ~_d0063599_9133558.jpg


一番上が、M-350です。
そして、まんなかは、BEHRINGERの2CHコンプなんです。
一番下は、よくレコーディングスタジオにも採用されて今でも使われている
SONYの、マルチエフェクト、DPS-V55。
これにももちろんリバーブが付いていますが、どうも金属的な感じのリバーブであまり好きになれなかった
のですね。
他のエフェクトを使う際のために持っている機材といってもいいかもです。
とはいえ、アコースティックの場合は、ほとんど、リバーブとディレイがあれば何とかなるという
感じですから、あまり登場してないですね~


M-350については実際現場で使うのが今日、ラブアースライブの仕込みで使いますので、
また、報告することにしましょう。
by artwing | 2009-10-24 07:01

雅音人の辻が語る、40代以上の方々に送る、質感にこだわる人生のススメ


by artwing