雅音人の制作日記

artwing.exblog.jp

雅音人の日々の制作風景をつづっていきます。

ブログトップ | ログイン

曲の制作中!

年始早々からやっております。


今年の雅音人は曲の制作からスタート!

まずは5曲。作ってみた。

藤田プロデューサーにも聴いてもらいました。


そして、これをなおして、あれをこうして・・・。



それからTamikoさんも、何か思いついたみたいで・・・

前のイメージが、こうして繋がって、そして形になって・・・


また曲が生まれています。


あの時のが、このタイミングで形になるのか・・・

とか、いろいろやってます。



メロもいいし、長さもいい。楽しみだね。


次回は14日にデモを録ります。



週末は雪の予報。大丈夫かな~。


d0063599_00312294.jpg



# by artwing | 2017-01-11 00:34 | 雅音人の制作日記

雅音人年賀状

みなさま

明けましておめでとうございます。

2017年が、皆様にとりまして、素晴らしい年になりますようにお祈りしております。

どうぞ本年もご支援のほど、よろしくお願いいたします。


雅音人

Tamiko

辻 喬之

d0063599_20281884.jpg



# by artwing | 2017-01-01 00:03 | 雅音人の制作日記
2016年、雅音人にとっては大きなことがいっぱいあった年となりました。

1月に大川正義プロデューサーのご紹介で、藤田好英プロデューサーと初めてお会いして、

5月に、100年の風の向こうへという曲の制作で、詞が藤田好英さん、曲が雅音人のTamikoさんという
制作がスタート。
ここで、この藤田&雅音人の制作がスタート。

無事に完成!採用していただくこととなりました。

それがきっかけで、6月9日、正式に藤田好英&雅音人の活動がスタート!

どう展開していくか方向を模索しながらの活動の中から見えてきた、「セカンドストーリー」

そして、11月13日に雅音人セカンドストーリー始まる! 松本ホテルブエナビスタにてのコンサート開催。

早々と2週間前にソールドアウト。嬉しかったです。

ここで見えてきた雅音人の向かう先。そう、「その先に見えるもの・・・心澄まして」


そして、12月18日セカンドストーリー第2弾、キッセイ文化ホール内レストランパウゼさんで行われた「雅音人Xmas!」

これで、おぼろげに確かめていた方向が間違いないと確信できたコンサートとなりました。


18年という長い間沢山の方々に支えていただいていることをあらためて感じて感謝でいっぱいになった年。

本当にありがとうございます。


そして、いよいよ2017年を迎えます。


雅音人にとって間違いなく大きな年になります。

4月を目標にCDリリースを控えています。

そして、CD発売記念コンサート。

タイアップとか、どうなるのでしょう・・

とても楽しみです。


そして、過去に行ったことのない大きなコンサートが控えています。

来年は、さらに、みなさんの心に寄り添う 雅音人の音楽をお届けしたいと思っております。


どうぞ来年、2017年も変わらぬご支援を賜りますように

どうぞよろしくお願いいたします。




d0063599_20204766.jpg




# by artwing | 2016-12-31 20:21 | 雅音人の制作日記
2016年12月18日。

雅音人xmas コンサート、会場は、松本市のキッセイ文化ホール2階のパウゼさんというレストラン。
d0063599_04563486.jpg

d0063599_18485852.jpg



たくさんの皆様にお越しいただいてありがとうございました!

コンサートの様子はお届けできないのですが、最後に参加してくれたコーラスの仲間たちと記念写真❤
みんな、限られた練習の中で素敵な歌声で華を添えてくれました、ありがとう~❤
とってもきれいなポインセチアも戴いて素敵なコンサートになりました。



d0063599_18223653.jpg
d0063599_18224495.jpg


今回は辻さんのギターとさがみ湘さんのピアノでお送りしました。

私のボーカルにエレガットギターが合うということで、辻さんも演奏にこだわってくれました。

d0063599_04563437.jpg
d0063599_04563478.jpg
今回のギターはこれでした。左からOvation1995コレクターズモデル、Godinマルティアックナイロンデュエット2003、K.Yairi エレガットCE2

d0063599_04563306.jpg





しっとりしたバラードを中心に、White christmas、Happy christmas、The Roseのカバー、辻さんのソロ、コーラス隊のクリスマスソングなど、 盛りだくさんでお送りしました。

皆さん本当にじっくり聴いてくださって、歌っていても会場を自分の声が包み込んでいるような実感があって、噛みしめるように味わうように歌えたことが何よりの手応え。
じわじわ湧いてくるような喜びを感じました。

終了後の藤田プロデューサーさんと雅音人のプチお疲れさんタイムには、藤田さんからもお客様の嬉しそうな顔が見られてよかった、すごく嬉しかった!と言っていただきました。
お客様からも、表現力がアップした、すごく変わった、など何人もの方から言っていただき、藤田さんのディレクションのお陰だなぁ、と実感しました。

藤田さんもThe roseが雅音人のThe rose になりましたよ!他の曲も雅音人の世界観が出てよかった、と。
一番言われたことは歌わなくていい、うまい歌はいらない、ということでした。
声を押さえる分、逆に表情や体の表現にその気持ちが出るからよくなるんですよ、とも。

そこへ、大川プロデューサーさんからお電話が!
たぶん何も結果を知らないはずなのに、「いやー、雅音人やりましたねー!すごいことですね~」から始まった会話。(いつもこんな感じの方で…)
でも毎日のように藤田さんにお電話があるそうなので、本当に雅音人のことを気にかけてくださっているようなのです。そして!そこでまた驚くようなお話が!
これは楽曲制作もレコーデイングも、半端なく大変になる!と思われます💦

でも藤田さんに言われました。
100人いて全員が雅音人が好き、ということはない。そこは媚びずに自分達はこれだ、というスタンスでいいんだ、と。いい意味で自惚れてください、と。
雅音人のベースが今回のコンサートでしっかり確認できたそうです
これからも戦いましょう!と言ってくださいました。
受けて立ちますよ~❤こんなに熱心に動いてくださる方に必ず恩返しします!
私たちらしさを忘れず、そして自分に期待を込めて。


スレイベルをやってくれた、松本の人気者トーメちゃんと。
d0063599_18262777.jpg

d0063599_18263961.jpg

制作スタッフの皆さん、本当にありがとうございます!!

主催 ARTWINGLABEL 共催 レストランパウゼさん

プロデューサー 藤田好英

音響 ダブル櫻井(清内路)

協力
Act9(上條GGさん)

チーム風待茶房のみなさん


出演ピアニスト

さがみ湘


これからもよろしくお願いいたします。


小松さん、HANAさんの崔さん、横山さん、トーメちゃん、お写真、ありがとうございます。



# by artwing | 2016-12-19 19:50 | 雅音人の制作日記
11日にリハも終わりまして、いよいよ18日の日曜日、
午後の12時半からランチタイム、ランチ終了後にコンサートという流れで
雅音人セカンドストーリー第2弾、雅音人Xmasが行われます。

Xmasなんて久しぶり、そんな方に・・・

雅音人からのスペシャル・ライヴのPRESENT!

オリジナル曲+Xmasソングで忙しい年末に向けてプチ充電!

d0063599_05515013.jpg
2016年12月18日(日)

キッセイ文化ホール内2F レストランパウゼ

長野県松本市水汲69-2 TEL0263-39-0303

12:30~ランチタイム 開演はランチ終了後

ライブチャージ:2000円 別途お食事、ワンドリンクオーダーお願いいたします



お問い合わせ先、ご予約はAct9 080-1116-2252



是非、よろしくお願いいたします。

で、今回ボク(雅音人辻)が使うギターは、Ovationの1995 collectors model
1995年の音楽雑誌Player7月号からの記事より。


d0063599_05485821.jpg

このギターの所有者は、ホントは学校の先生兼ミュージシャンの長野県在住の山岸さんという方なんですね。
山岸さんは、このギターを長野県の美鈴湖近くのサイクルカフェ、カフェピラータさんのハウスギターとして使ってもらおうということでこのギターを提供されたんですね。

このサイクルカフェは、成川修くんという僕らの古くからの知り合いがお店をやっていまして、
いいギター故に、お店に置いておいてもなかなかちゃんとメインテも難しいし、やはりライブとかで使ってもらえる方がギターのコンディションを整える上でもいいのでは??ということで、普段は1980年のovationのadamasを弾いている辻さんに弾いてもらったら??ということで、お店に行って弾かせてもらいました。

それが、なかなか良いんですよね。ネックの状態もいいですし、何と言っても、生音もなかなかキレイなサウンドなんですよ。

僕の頭ではovationは、1983年までとか勝手に思っていましたが、それはadamasだけに当てはまるのかも、ということでこのレジェンドの形をしたコレクターズモデルはあなどれない。

それに、ovationなのに、ピエゾのピックアップ以外に何と、コンデンサーマイクが内蔵されていて、ピエゾとコンデンサーマイクをミックス出来る。

ちゃんとセッティングしたら、ハウリングも抑えられるようになっていますし、すげーってわけで。


で、成川くんから、「山岸さんに、これ借りますよって連絡したら??」って話で、連絡させていただいたら、快く使ってやってくださいとのことで
ありがたくお借りして使わせていただくことになりました。

サウンド的に、adamasとはまったく被らない感じのサウンドでして、倍音が少ないので、意外にもピアノとのコラボだと使いやすい!
adamasは倍音が多いので、ピアノの倍音とadamasの倍音でそれが倍音同士がぶつかり合うようなところもありますが、このギターはそれが無いので
ピアノのコラボにはもって来いの感じのサウンドを出してくれるんですね。

1980年代のadamasしか、ovationは良いのは無いとおもっていましたが、この木をつかったタイプはそんなことはありませんでした。

なかなか1995年のコレクターズモデル、いいサウンドなんでそれもお楽しみに!!


また、ゴダンのマルティアックナイロンデュエットも登場します。

これはこのブログの記事をご参照ください。


大人が楽にXmasを楽しめる、そんなコンサートです。

是非、よろしくお願いいたします。





# by artwing | 2016-12-13 06:37 | 雅音人の制作日記
12月に入ってきました。

いよいよ内容も詰めなくてはならない感じ。来週の11日は藤田プロデューサーもお越しになってのリハがあります。

具体的になってきましたよ。

大人のXmasなんです。

とってもいい時間になると思いますので、是非ご予約お願いいたします。

080-1116-2252 Act9

選曲をいろいろ藤田プロデューサーも交えて考えているのですが、
それとともにサウンドイメージもこんな感じって固まってきました。

今、ちょうどカフェ・ピラータで借りたOvationの1995コレクターズ・エディション。

これで行こうかなーって思ってますよ。

これと、ガットのゴダン。

いい音でいきますよーーー!!






# by artwing | 2016-12-03 21:06 | 雅音人の制作日記
2005年に雅音人と中司治彦さんとで作った音楽レーベル
ARTWINGLABEL(アートウイングレーベル)ですが、

久々に、しっかり手を加えて、シンプル且つスタイリッシュに生まれ変わりました!!

リリース情報もリニューアルしまして、現在在庫のあるものをアップしております。

また、amazonを通して以外にも、直接CDのお取引きにも対応致しました。
送料は無料なんですよ。
こちらも是非ご利用くださいませ。

今後共、雅音人、アートウイングレーベルをよろしくお願いいたします。







# by artwing | 2016-12-03 09:45 | 雅音人の制作日記
雅音人のホームページ、少し触ってみましたよ。

なかなか良くなったんじゃないかなーー。なんて思ってるけどね。

あーー、ゴダンの弦変えたんだけど、ナイロン弦はなかなか安定しないね。

でも、12月11日がリハ。少し時間あるな。まだ大丈夫。




12月18日の雅音人Xmasに向けてアクセル全開です。



4月まで、雅音人コンサートはありませんので、

年内見納め、さらに4月まであまり表には出なくなりますよ。






そう、ふふふ

その間に何やるかって???

12月の18日に発表します。


えらいことになってますよ。


12月18日にお越しやす。

d0063599_00111116.jpg
d0063599_00111385.jpg


# by artwing | 2016-11-30 00:12 | 雅音人の制作日記
やっと報告が出来ます。
11月13日、始まりました。セカンドストーリー。
雅音人18年目にして新しいストーリーの始まりです。

d0063599_06275284.jpg
d0063599_06280582.jpg


このコンサートからスタートするセカンドストーリーは、
雅音人のコンサートをしっかり聴いていただける場を作って
お客様には、本来の雅音人の音楽をじっくりと聴いていただこう、そして、いよいよ全国に向けて出発します、
そんなテーマがありました。

新たなステージ、音楽プロデューサーは藤田好英さん、そして、さらにトップに大川正義さんという
一流のプロデューサーのもと、藤田さんにはボーカルのディレクションなどをしてもらったり、選曲を一緒にしたり構成を考えたり。
いろいろな発見だらけの準備。

今回のサポートをお願いしたのは、

ピアノ、清水奈緒美さん、チェロ、清水亜裕美さん。このお二人、実は親子。

それと、シンセには、昔から制作でお世話になっている中司治彦さん。

このコンサートをご案内スタートして、コンサート2週間前に、何と、ソールドアウト。

嬉しかったですねーー。


当日は両プロデューサーも会場入り。

お客様も超満員。


写真は、雅音人のアーティスト写真などをお願いしているフォトスタジオアラカワさん。


初めに上田市出身の夭折の文学少女、清水澄子の作品からスタート

d0063599_17560994.jpg
清水奈緒美さんのピアノは、クラシカルで、雅音人にピッタリの落ち着いた世界を演出。

d0063599_06341942.jpg
d0063599_06341974.jpg
雅音人の世界にチェロって本当に合うんですね。
お客様のご感想から、チェロの音色とTamikoさんの歌声がとてもマッチしていたと沢山の声。
d0063599_06351000.jpg
シンセは最先端の機材をセッティング。
d0063599_06445676.jpg


Tamikoさんの熱唱
ささやくように弱く、そして大きく強く・・・

d0063599_06442848.jpg
d0063599_06500760.jpg
辻のギター、ハープ。
d0063599_06533555.jpg
d0063599_06525165.jpg
d0063599_06553327.jpg
d0063599_07031060.jpg
途中には、インターネットラジオ天なびの収録も。質問コーナー。
d0063599_06574359.jpg
d0063599_06581369.jpg
後半もみんな素晴らしい演奏。
d0063599_07041210.jpg
d0063599_07055726.jpg
d0063599_07090140.jpg
d0063599_07072888.jpg
d0063599_07080471.jpg
d0063599_07330252.jpg
d0063599_07294407.jpg
d0063599_07340733.jpg
d0063599_07360355.jpg
本当にありがとうございます。
d0063599_07374425.jpg


終了後にスタッフの皆さんと控室にて。
d0063599_07385572.jpg
是非、これからの雅音人にご期待ください。

# by artwing | 2016-11-29 07:40 | 雅音人の制作日記
11月26日。木祖村の「木曽川さみっと」終わりました!!

そう、木祖村での「木曽川さみっと」は10年ぶりみたい。

木曽川さみっとってのは、上下流交流のイベントで、今回も下流域のみなさんが大集合。

雅音人は木祖村の公式イメージソング、森のしずく、それと、

木曽川さみっとのテーマソング、「母なる流れよ」も歌っているんですね!

久々にこの曲を歌ったら、副村長の圃中さんが本当にいい曲。10年に一度じゃあまりにもったいない!

なんて話してくれました。

講演には、名古屋で活躍中の矢野きよ実さん。

震災から、被災地での子供たちが心から書いた「書」。とても心を打たれました。

写真は木祖村在住の唐沢重明さんが撮影してくれました。


d0063599_22103462.jpg

d0063599_22104742.jpg
d0063599_22110560.jpg

# by artwing | 2016-11-28 07:02 | 雅音人の制作日記