雅音人の制作日記

artwing.exblog.jp

雅音人の日々の制作風景をつづっていきます。

ブログトップ | ログイン

<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

いよいよ完成となりました。

雨に濡れたビオラ~宮島治生詩の世界~


一枚だけの絵の個展
瞽女の里は雪の夢唄に続いて
三部作の完結編。


今回は3年の月日を要しましたが、
とても良い作品になったと思います。

宮島治生さんの詩の世界がとてもリアル感を持って伝わってくる作品になったと思います。

d0063599_2325559.jpg



6月22日(水) 全国リリースと決まりました。

CDの完成は5月末ころの予定です。

関係者の皆様、ご協力ありがとうございました。

是非お聴きくださいませ。

雨に濡れたビオラ

全12曲入り。

作詩 宮島治生(12曲目のみTamiko)
作曲 Tamiko(雅音人)

ボーカル Tamiko アコースティックギター 辻 喬之 (雅音人)

アレンジ 久米田廣道 辻 喬之

バイオリン 閏間加織
バイオリンアレンジ 中司治彦

チェロ、チェロアレンジ 嘉納雅彦  

インストルメンタル サックス 久米田廣道、ピアノ 内藤貴子

制作 宮島治生

ミキシングエンジニア 辻 喬之



今回の作品は、宮島治生さんが人生をかけて、詩と音に対する覚悟を持って作られたのではと思えるくらい
迫力を感じる作品になっていると思います。

宮島治生の詩の世界を楽しめる一枚だと思いますので、是非お手元においてゆっくりと聴いてみてください。
by artwing | 2016-05-12 23:34 | 雅音人の制作日記
僕がいつも使っているチャランゴは、K.Yairiの小池さん作のチャランゴなんです。
もちろん、国内ギターメーカーのK.Yairiさんの製作ですので、木製なんです。

ちょうど、ウクレレと同じような形をしているんですよね。

僕の大好きなウクレレに、セニーザというウクレレがありますが、これはトーマス&キャサリンというセニーザ夫婦が作っていたクレレですが、奥様のキャサリンが亡くなられてからは製作をやめられてしまった。
d0063599_11473693.jpg

ものすごく柔らかくて弾けるようないい音のウクレレです。
とても大切にしてます。

また、こんなのも。
Famousウクレレの古いの。
d0063599_1149031.jpg

cocoanut ukulele No.204という名前になっていますが、

小池さんのチャランゴはどっちかというと、このFamousの形。
d0063599_11512027.jpg


d0063599_11521072.jpg



このチャランゴは、保育園コンサートとかでも大活躍していまして、雅音人のオリジナル曲で盛り上げ役として大活躍。
おもいっきり弾いているうちに、ボディーに穴が空いてきてしまいました。まるでウイリーネルソンのギターみたいになってきてしまった。
そのくらい大活躍なのですが、

本来のチャランゴというのは一体どんな楽器なのでしょうね?

それは、南米の古くから伝わる音楽、フォルクローレに使われる楽器なんですね。

木製チャランゴは、ギターの様なスタイルと、バックがラウンドになっている丸いものとありますが、
小池さんの木製チャランゴはギターの様なスタイルです。

d0063599_11565893.jpg


d0063599_1157979.jpg


ラウンドバックの木製のものはこんな感じです。

d0063599_11581154.jpg


d0063599_11583122.jpg

このように、バックに彫刻が施されていたりします。


そんなチャランゴですが、元来何で作られていたか、ということですが、
「アルマジロの甲羅」でバックは作られていました。
アルマジロというのは、南米に於いて、食用とされてきましたので、この甲羅は捨てられていたのですが、
これを楽器にという発想だったんですね。

ところが、このアルマジロ、食用とされるほどに沢山生息していましたが、減っていきついには生息数が減少。
ワシントン条約でしっかり保護されることになりました。

それに、何と言っても生き物を貼り付けるわけですから、人間の作るものと違っていて、あるものを使うわけですから、これの個体差も結構ある。
メーカーに寄っても大きく差があるみたいですね。
このチャランゴという名前が、「適当な」とかを意味するチャランガという言葉が由来みたいな話もあるくらいですから、激しい個体差は否めなかったのでしょうね。

このワシントン条約で、アルマジロチャランゴの輸入も禁止になったので、初めは結構日本にも入ってきていましたが、入ってきていても虫が湧いているようなものとか、接着部分が取れそうなものとか、本当にあまり良いものがありませんでした。
プロで演奏サれる方が、ほとんど木製を使用されるのも分かるように思います。

そんな中で、GAMBOAというブランドで出しているFABRICA DE INSTRUMENTOS MUSICALESというところ、ここのチャランゴはなかなか素晴らしく木製にしてもよく出来ているんですね。

という中で、昨日、大須に行って、突然奇跡的に、このGAMBOAのアルマジロチャランゴを発見してしまった。
こんなのは絶対世の中に存在しないと思っていたので、ビックリしました。
それも、担当者がチャランゴを全く知らなかったために、こんなのは絶対売れないだろうということで激安販売されていたのです。
サウンドも素晴らしく、操作性もいい!!とても丈夫で虫も湧いてないし匂いもしない。接着面もとても丈夫で甲羅の形もいい。
毛も結構沢山生えているので、何故か、毛が多いと鳴りもいいというんですよ。これ。
早速、購入しました。
これです。
d0063599_12145467.jpg


d0063599_121554100.jpg


d0063599_12162443.jpg


d0063599_12171024.jpg


d0063599_12173532.jpg


d0063599_12175952.jpg


d0063599_121818100.jpg




弾いてみると、柔らかくて、優しい音がするんですよ。
この甲羅の共鳴胴がいい働きをしている感じが弾いてみるとよく分かります。

あ!そうだって思ったのが、
Ovationのスーパーアダマス。

d0063599_12194198.jpg


d0063599_12195320.jpg


このチャランゴの共鳴胴はとても薄くて、よく振動するので、こういう音が得られるんだという風に思った時
このアダマスもこの時代の共鳴胴のカーボングラファイトはとても薄く作られていたので同じような感覚の手応えのサウンドが得られるのか!!って思いました。

このアルマジロチャランゴのクオリティーはいいですよ!
また、アチコチに持って行きますので、是非観て、触って、弾いてみてくださいね。
ビックリしますよ。
by artwing | 2016-05-05 12:22 | 雅音人の制作日記