雅音人の制作日記

artwing.exblog.jp

雅音人の日々の制作風景をつづっていきます。

ブログトップ | ログイン

<   2016年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

よく、こんな質問を受けるんですよ。Ovation弾いていると。

僕のは、Ovation Super Adamas 1687-7  1980年製

コンサートでよく使っているので、雅音人ファンの方はみなさんご存知かと思いますが、
これです。

d0063599_2355682.jpg


このギターを、現在のOvationしか弾いたことのない人が弾いてみると相当びっくりします。

生でも低音から高音まで綺麗に響きながらよく鳴るからってことなんですが、
今のOvationは、本当に鳴らないのには残念としか言いようがありません。

僕の持っているのは、Adamasというギターですが、それもSuper Adamasと通称で言われているもので、
AdamasⅡというのもありますが、このSuper Adamasと、AdamasⅡの違いってのはこのブログでも
以前に書いたことがあります。

Super AdamasとAdamasⅡの違い



では、このSuper Adamasで、今と昔と比較すると何が違うかを感じたままに書いてみましょう。

このOvation、
ヘリコプターの羽根を作っていたカーマンコーポレーションという会社で新しく開発した羽根の素材をヘリコプターで使用したところが、振動が多すぎて羽根には使えなかったんですね。
それで、これだけ振動する素材ならギターに応用できないか?と考えたのが社長のチャールズカーマン氏。
彼はカントリーのギタリストだったので、この発想が生まれたんですね。
そこでギターを科学的に分析して、1966年に表が木、裏がカーボングラファイトという素材を使った丸いラウンドバッグのギターが誕生したってのが始まりで、
Super Adamasは、1976年が誕生ということになっています。

この時代、まだ、プロトタイプというのがあって、本格的に出てきたのが1979年あたりじゃないかな。
当時、松山千春、南こうせつが使ってかなり話題になりました。

この当時のAdamasは、本当に素晴らしい。お値段も1008000円とういうとんでもないお値段。


では、この当時のSuper Adamasと今の時代のものと何が違うのか?

どうも、この時代に開発したバックの素材、カーボングラファイトの作り方が大きく変わってしまったみたいですね。
昔は手作りで作っていたバックですが、今では機械で型押し的にガチャンと一発で作っているという感じ?
形は似てるけど、当時とは全く似ても似つかない音になってしまうんですね。

それと、強度の補強面なのか、表の板が1983年から厚みが変わっていて厚くなっているそうです。
初期のトップの板は、カーボングラファイトとカーボングラファイトの間に薄い木を挟んで目を斜めにして強度を出しているのですが、これが非常に薄くて、当時のものは、まるで木の様な音がするんですよ。
これが、すごいですね。
これ、YAMAHAが一番初めにやったFG180とかFG150の応用かと思いますね。
当時のYAMAHAは、日本初のフォークギターを開発していました。
それが、この2機種になりますが、合板なんですよ。
合板といっても安く作るための合板ではありません。厚みを薄くしても強度が保たれるというため、薄くする理由は鳴るためというものでした。
スプルースの厚みの薄いものを木目をずらして貼り付けることで薄さと強度を両立させて鳴りを確保したというものでしたが、これの応用のようにも思えますね。

厚みを厚くするというのは、そこの大事な部分が失われていくという状況。

それと、さらに、ネックの素材も当時のものとは大きく変わってしまって、素材が大きく劣化してしまいました。
振動がネックに伝わらなくなってしまっている感じがありますし、ネックが軽い感じがあります。
これが大きくサウンドに影響しているように思うのです。

ピックアップも大きく変わりました。当時のピックアップは、生音を拾うということに特化した分かりやすい
構造のピックアップでした。
モノラルとステレオというジャックが二つ用意されていて、ステレオにステレオプラグを入れて、LRに分けると135と246の弦が左右に別れるという当時としては画期的な作りをしていました。
以前のブログでも書きましたが、これ、タカミネの技術の応用みたいですね。
ただ生を拾うという単純なものですので、最近修理に出しても以外にも問題箇所が発見出来るというありがたい構造です。

その後、op24というピックアップが採用されてから、Adamasじゃないといけないという感覚が薄れてしまったように思います。というのは、Adamasと他のOvationも同じようにop24が採用され、このピックアップのサウンド特性が強く音に出るようになったように思うんですよね。
このギターのサウンドというよりも、op24の音という感じで、ギター自体の面白さが減ってしまった。

2010年には日本の代理店は中尾貿易だったのですが、ついに変わってしまいます。神田商会へ。

このあたりから、不良品が結構日本に入り、代理店の神田商会も困ってしまっているという話を聴いたことがあるんですよね。

今現在は、何と、Ovationは、カーマンコーポレーションではありません。
フェンダーに売ってしまったんですね。

それと、OvationUSAの工場は閉鎖。この時点で、Adamasは作らなくなりました。

日本にやって来るOvationは韓国製だったりします。

もはや、1966年に志をもってスタートしたOvationはその志自体が無くなってしまったと言ってもいいかも知れません。

やっぱり、安いギターを作って形だけは、あのAdamasに似ているけど、中身は全く違うと言ってもいいかと思います。

とにかく、昔の1980年から1983年までに作られた、Super Adamasを見つけたら、是非弾いてみてください。
どれだけ、今のOvationと違うかってのが分かります。


最近、Ovationの評価がユーザーからも低いと聴いたことがあります。
鳴らないよね。あんなの的な感じの評価。

ホントに当時のOvationを知っている僕らにとっては残念でならないお話です。

ここまで来ると、もう昔やってた通りのことをやってくれとは言わないけど
せめて、ちゃんとしたものを世に出して、USAの工場を復活させて欲しいと願うばかりです。

もう1980年のAdamasなんて、ネットでも数本しか出てこない貴重なギターになってきました。
僕のこのAdamasは家宝として大事にしていますが、
このギターを持っている以上は、この昔のAdamasのサウンドは伝えていかなきゃと思っています。




 
by artwing | 2016-04-26 07:14 | 雅音人の制作日記
風見鶏の空
AW-160423
現在予約受付中で、公式発売は5月25日です。
d0063599_20141739.jpg


今回の記事は、この風見鶏の空の聴きどころといったところでしょうか。

そもそもこのCD、ほとんどがレコーディングが初めてという40代から60代のおじさんたちが歌っています。

僕ら、雅音人が「風待茶房」という長野県塩尻市のお店でライブをやるという話が決まって、
それから出入りしだしたんですが、
そこで歌っている人たちの、その純粋さに打たれてしまいました。

何なの?これは??

という不思議な空間が存在していました。

例えば、ギター始めて、結構月日は経っているけど、人前ではちょっとまだ出来ないな。
と思っている人がいたとしましょう。

その人が、たまたま友人から誘われて、「風待茶房」に行きました。

帰るころには、「俺も次回はギター持ってきて、ここで歌ってみよう」

ということになるっていう空間なんですよ。これホント。



ところが、そのおじさんたち、スゴイんですよ。

過去に出来なかった夢というものを、今から拾いに行くみたいな、そこには強烈なエネルギーがあるんですね。
夢だったんだよね。自分のレコード(60代の方)出すの!自分の歌が入ったCDが出来るんだねー!

っていうところから始まって、そこに掛けるエネルギーたるや、スゴイんですよ。

熱い熱い音楽にかける思いを隠し持っていたという感じでしょうか。
これを読んでいるあなたも、音楽への思い、実は隠し持っていませんか?
それを、ありったけのエネルギーを使って吐き出すことが出来たとしたら、これスゴイですよね。
そんなあふれる思いの中からこの企画はスタートしました。
僕らも参加者と一緒にCDを作っていくという思いで取り組みました。

レコーディングってのは、以前に書きましたが、マイクに立つ時にどんな思いで立つか!
これは大きなテーマなのですが、
この方たちに、迷いは無いんですよね。なぜ?
そう、初めてだから、もう一生懸命歌うしか方法が無いんですよ。
結果として、まっすぐで技術に走らない。伝えるために一生懸命なんですね。

それが良かった! そんな熱い気持ちを上手くパッケージしたかったんですよね。僕は。

そんなことで、レコーディングも、思いのほか、スムーズに行けたと思いますね。

Tamikoさんがレコーディングに来るか来ないか!(笑)

これがまた緊張のタネになっていたみたいですが、Tamikoさんからもさまざまなアドバイスを頂きましたね。

「草原に声を飛ばす感じで歌って!!」「頭のてっぺんに声を当てる感じね!!」

などなど。

アレンジもTamikoさんからのダメ出しもあったりしまして、僕もいろいろ手を尽くして出来上がったところに
ボーカルやギターのレコーディング。

編集作業、ミックス、サンプル制作、マスタリングなどなど行い、出来上がってきました。

そして、ジャケット。

今回は読み物としても面白いものが作りたい、という思いがありました。
皆さんの一言メッセージも載せたい方のみでしたが、のせさせてもらって、
無事に完了。


ストレートで、まっすぐな思いをのせた曲が収録されたCDが出来上がりました。

是非、みなさん、聴いてくださいね。



リリーススケジュール

レコ発ライブ
4月23日(土)
先行リリース
木祖村 笑ん館にてリリース記念コンサート
12:30~
長野県木曽郡木祖村1019-1
0264-36-3020



5月11日(水)
配信リリース
itunes アマゾンダウンロード他配信サイトにて配信がスタート



5月25日(水)
全国リリース
CDの公式発売日になります。

よろしくお願いいたします。
by artwing | 2016-04-20 23:54 | 雅音人の制作日記

好きこそ才能!

今日、ギルバートキャプランさんが亡くなったという訃報にふれました。
今年の1月に74歳でお亡くなりになっていたそうです。
とても寂しい気持ちになりましたが、この方の人生はとてもエネルギーに満ちたものでした。

このギルバートキャプランさん、ご存知でしょうか?

実業家 そうなんですよ。実業家なんですが、
マーラーの復活の大ファンのおじさん。

マーラーの復活のオーケストラのリハーサルを観て衝撃を受けて、「いつかは俺も復活を指揮したい!」と
仕事の傍ら、指揮の勉強を始めました。

大好きな、マーラーの復活の指揮! 夢だったんですよね。

いつかは、いつかは!と思いながら練習を積み重ねて行きました。

そして、ついにその日を迎えることになったんですよ。

自費でオーケストラを集めて、コンサートホールでマーラーの復活をついに自分の指揮で演奏する!
この日のために頑張ってきました!最初で最後のマーラーの復活の指揮!

そして、演奏会が始まり、最高に気持よく指揮をして、ついに演奏会も大盛況の中で終了!


このコンサートがあまりにも素晴らしく、プロのオーケストラの指揮をしてみないか?と声がかかりだした。

そう、最初で最後のはずの演奏会が最後の演奏会ではなくなったんですよ。

何と、それから40ほどのオーケストラの指揮者として指揮棒を振るうことになるんです。

そして、ついにはマーラーの復活のレコーディングを行うことに!

これが、何と、ギルバートキャプランおじさんが指揮した、マーラーの復活がそうそうたる指揮者の振るった演奏をおさえて、世界で一番売れたCDとなってしまったんです。

ということで、世界的な指揮者となってしまったのですが、もちろん、マーラーの復活だけしか出来ない指揮者なんですけどね。


このギルバートキャプランおじさんのエピソードをとりあげましたが、
好きっていうエネルギーっていうのはものすごいですね。

「好きこそものの上手なれ」ということわざもありますが、それを人生かけて証明してしまった人ですね。

好きだからやっている!これこそ自然に努力を努力と思わずに努力し続けることが出来るという強烈なエネルギーを生み出すことになるってわけですね。

それこそ才能と言ってもいいですよね。まさしく、努力と思わずに努力出来る才能。
それが、好きってことなんでしょうね。


俺って才能あるのかな??

そんなこと思う必要ありません。好きであれば才能あります!
by artwing | 2016-04-13 00:03 | 雅音人の制作日記

音楽の本来の姿とは??

ふと、そんなコトを考えてしまいましたので、書いてみますね。

音楽にはいろんなジャンルがあって考え方も全く違うのが面白い。

僕らみたいな、弾き語り上がりの人
クラシックをやっている人
ジャズをやっている人
歌謡曲的な歌だけをやっている人

それぞれがそれぞれの全く違うと思えるような感覚がある。

ですがやっぱりみんな音楽。


僕が個人的に思うのは、音楽は、やはり伝わらないといけないものじゃないかな?
聴いている人が何を感じるかがポイントじゃないかな?
技術的に素晴らしいというものでも、伝わってくるものが、「技術的に素晴らしい」だけじゃね、面白くないし。
声がいい、声が悪い、とかいろいろあるかもですが、表現する「心」が伝わる歌ってのは、やはり人の心を動かすし。
「感じて動く」と書く意味はそれってわけで、感動するって大事なことだって思うんですよね。
何故か、感動する歌ってのもあるんですよね。雅音人のTamikoさんの歌ってのはまさにこれかも知れませんね。またこれについては書きますが。

というのが僕の考えですが、
一つこんなエピソードを。


昔、ある音楽プロデューサーの方にお会いしたとき、僕らは駆け出しのミュージシャンで、八ヶ岳のアトリエに行って、いろんな話を聴いたことがある。

レコーディングの時、マイクの前で何を考える??

上手く歌おう、綺麗に歌おう、高い声が出るかどうか?などなどいろいろあると思いますが、レコーディングのマイクの前で、このような感覚で歌うとどうなるか?
やっぱり、レコーディングされた歌から伝わるものは、「上手く歌おう、綺麗に歌おう、高い音が出るかどうか?」と伝わってしまう、という話でした。

その当時、僕らはその話に衝撃を受けて、音楽というのはこの曲の持っている本来の心を理解して表現するのがいかに大事かと思い知らされたことがあった。

さらに、話は続いた。
会津弁のきついおばあさんの語りに感動する、ということから、そのプロデューサーが、その語りを聴いて感動して衝撃を受けて、そのおばあさんを日本中に連れて回って語りを聴かせることをやってみたら、各地で涙を流して聴いてくれた、という話。
会津弁がきつくて、実は、言葉はあまり分からないのだが、何を言っているか、表情や言葉の強弱、語り口で不思議と何となく伝わる。

言葉が分からなくても伝わるなら、海外ではどうだろうか??

何と、海外においても、日本と同じ現象が起こったのでした。


心というのは良かれ悪しかれ、「伝わる」、というのがベースにあるところから表現するってのが大事何ですよね。


この話は昔の話でしたが、

それと共通する話で、最近、東京でいつもお世話になっている音楽プロデューサーから話を聴いた。
この方は、多方面で活躍する方ですが、ある著名な曲のレコーディングをされたのでも有名。

レコーディングの際、「歌詞は、しっかりと頭に入れてきて!」と伝える。それと、「この曲を誰に届けたいか、伝えたいか、を考えて、その人の写真を持ってきて!」というコトを伝えるとのこと。

そして、レコーディング当日。

譜面台には、歌詞カードではなく、その伝えたい人の写真。

そして、周りを真っ暗にして、スポットライトで、その写真だけをライトアップして、レコーディングスタート。

いかに、歌がその人に伝わる、ということが最重要ポイントという思いが分かりますよね。

そうすると、伝えたい思いがこの人に伝わるということは、聴いた人それぞれが、写真の一人一人ということで曲が伝わっていくんですよ。
って話。


歌ってのは、本当に伝わっていく、ということがよく分かりますが、
楽器はどうでしょう?

よーく分かるエピソードは、僕は、ロストロポーヴィチの伝説を思い浮かべる。

彼は、このチェロの世界では誰でも知っているロシアのチェリストですが、社会を変えたと言われているチェリスト。

ソ連だった時代に、社会主義国家というのがおかしいと思いつつも反発出来なかった人々の心をチェロに乗せた。
チェロで、「おかしいだろ??おかしくないか??この社会。」と訴えた。

言葉ではないのです。チェロの音で訴えた。


すると、人々がそれを感じ始めた。
「ロストロポーヴィチのチェロが言っていることは正しい!」と社会運動が起こり始めた。

大きな社会の流れを創りだしたロストロポーヴィチはついにソ連から追放される結果となってしまった。

一言も言葉では発していないのに、チェロで伝えているのが衝撃的でした。


しかし、その後、ゴルバチョフが大統領の時代に、ロストロポーヴィチの活動は認められ、ロシアに英雄として迎え入れられた、という話がありますが、

これは、まさに楽器から、心が伝わるという代表的なエピソード。



音楽の本来の姿とは??

実は結論なんてものはあるのかないのか。
これを読んでいただいたあなた自身が何なのか考えていただくことだと思います。
正解も間違いもありません。

最低の技術は必要です。

ですが、上手い、けど、「俺は上手いぞ!」みたいなことが伝わったところで、音楽としての意味を考えてしまいます。


結論は、


これを読んだプレイヤー、(僕も含めて、)一人ひとりがが考えていただくという、記事でした。
by artwing | 2016-04-12 07:13 | 雅音人の制作日記
約10ヶ月という期間のレコーディングを経て、編集作業、そして、マスタリング、ジャケット制作。
そして、4月15日にCDが完成するという運びとなりました。

このCD制作は、風待茶房という長野県塩尻市にあるお店に出入りする方々8組が参加して制作した
CD。

ここのお店は、純粋にフォークソングが好きな方々が歌いに来る本当に貴重な存在。

雅音人の二人は、たまたま、こちらのお店でライブをやるってことになったのがきっかけで出入りが始まったのですが、みんな、その純粋さに感動してしまったのです。

何度も出入りしているうちに、CDの制作の話がスタート。

雅音人のTamikoさんも楽曲の制作、プロデュースで参加。
僕、辻は、レコーディングで参加。

当初は、フォーク酒場ってわけで、ギター一本でって話もありましたが、CDですので、アレンジもしっかりやろうということになりまして、僕がアレンジも担当することに。

参加メンバーも固まって、レコーディングスタートは6月。

基本的なレコーディング機材は、
ボーカルのレコーディングマイクはNEUMANNのTLM-102

アコースティックギターは、Blueのブルーバード。

マイクプリは、アレンアンドヒースのMIXWIZARD WZ4 16:2のマイクプリ。

オーティオインターフェースはEDILOL M-16DX

DTMソフトはCUBASE

ということで、さまざまなプラグインを使用して編集。

d0063599_22353281.jpg


ピアノは、レンジが広くて、さらにコンデンサーマイクをピアノの中に入れたりすると
ギシギシドンドンといろんな音を拾ってしまうので、
ダイナミックマイクで収録。
AUDEX OM6をLRで2本で使用。


d0063599_2234558.jpg




という感じで収録。

レコーディング終了は2月27日。

Tamikoさんからの厳しくも優しい歌唱指導を受けながら、「草原まで声を飛ばして」「頭のてっぺんに声を当てる」などの名言を残しながら、しっかりとイメージを形にしてくれたと思っています。

ホントにハートのあるいい音が収録が出来ましたね。

ジャケットは、「風見鶏」をというリクエストがTamikoさんからあり、ネット検索。

すると、安曇野市の県立こども病院の屋上に素晴らしい風見鶏があることを見つけて、たまたま松本にいるときに、素晴らしいお天気の日があり、午前中の日が燦々と照る中で撮影して、
ジャケットはこのような感じになりました。

d0063599_22335743.jpg


4月23日先行リリース。

5月25日全国リリースとなります。

d0063599_2236271.jpg


是非お楽しみに!!

d0063599_22375012.jpg

by artwing | 2016-04-07 22:38 | 雅音人の制作日記