雅音人の制作日記

artwing.exblog.jp

雅音人の日々の制作風景をつづっていきます。

ブログトップ | ログイン

<   2012年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

何と、松本から名古屋に移動中のドライブインで収録!

現在、愛知では京極さんのレコーディング、アコースティックギター録り、

そして、松本では、丸山俊治さんの楽曲のアレンジ、
レコーディング


また、愛知県東浦の文章家 宮嶋治雄さんの作品を楽曲化ということもさせていただいております。

そんなことで今回は
愛知で京極さんのギター録音、その後移動して松本で丸山俊治さんの音源のアレンジ作業、
28日にはかなり良い線までの打ち合わせができました。

そしてそして、
YAMAHAのFG-150入手!
この当時のいわゆるYAMAHAのフォークギターについて熱く語ってしまいました!

是非聴いてね~

インターネットラジオ 天なび
by artwing | 2012-10-29 01:10
はい、とんでもない逸品と出会ってしまったので、しょうがないのです。

この、YAMAHA FG-150って、聞いたことありますか??

そう、1966年~1972年に作られていたギター。
ダイナミックギターの次の作品として登場した、国産ギター第1号というギターなんですよ。
正式には、ライトグリーンのラベルのものが本当の第1号なのだそうですが
僕らの年代はいいんです。赤ラベルで。

赤ラベルって、復刻版も登場したことがある銘機なんですよ。

ただ、状態が良いものが少ないのは確か。
弦高が高いとか。

ところが、すごく状態がよくて、驚くほどの爆音のFG-150とであってしまったのであります。
だから、しょうがないのです。

d0063599_19151898.jpg


このジャンボタイプとも感じるこのスタイル。
ドレッドノートではないんですね。
下の形が丸いのが特徴的ですね。

ラベルは赤ラベルです。

d0063599_19161188.jpg


ヘッドは音叉マーク
d0063599_1916544.jpg


本当の初期のものは、YAMAHAという表記と、ロッドカバーが釣鐘型だったそうです。
これは中期から後期というところでしょうか?

d0063599_19223354.jpg



シリアルがはげていて見えなくなってしまっていますので、年式は特定できませんが
1969年頃という感じですかね。

ボディーはマホガニーです。
この当時のギターは皆、小ぶりなんですね。

d0063599_19195824.jpg


そして、マホガニーの一本ネック。
d0063599_19205174.jpg


ペグも光っているタイプではなく、くすんでいるものです。
しかし、時代を感じます。総オリジナル。

d0063599_1922239.jpg



で、ネットでもいろいろな質問など、かなり上がっている合板でビンテージと言えるのか?などの
ものに、解説も交えて、僕の知っている合板うんちくを語ってみますが

この当時のYAMAHAの初期の赤ラベルは、トップが合板です。

ですが、これは、安く上げようとかという意味からの合板ではありません。

実は、トップを薄く作って、強度を上げるために木目を斜めにしたものをサンドイッチしているのです。
ということで、これは、安物としての扱いではなく
鳴るために、あえて合板にしているという、初期のYAMAHAの知恵だったんですね。

OvationのAdamasなども、実はこの考えで、木をカーボングラファイトでサンドイッチして作っていますが、
木というニュアンスを出すためと、そこには薄くしても強度を保つためには?という知恵がこめられているのですね。

なので、意味ある合板のYAMAHA赤ラベルということで、当然、国産ビンテージと呼んでもいいと思うのです。

d0063599_1929652.jpg



後のYAMAHAは、柔らかさとかがどうも無くなってしまって、がんがん来るだけになってしまったように
思いますが、
このFG-150は違っていたんです。

弦のチューニングを合わせて、弾いてみると、あれ?音が丸いぞ!

指弾きのほうが、この小ぶりのデザインですから良いんだろうな~?と思っていましたが、
これが、とんでもない。

ストロークを強く弾くと、その強いストロークに、普通に応えてくるではありませんか!

強烈な爆音が発せられて、びっくりしました!!

こんな状態の良いものに出会ったことはありません!と、例の中古屋の店員、僕には、全くわかりません、
とのこと。

だから、面白いな。Hオフは。

ケースもすごく上等なものが付属していて、ケース代で本体が付いてきた的なお値段で買ってしまった。

だけど、この歴史的価値もある、国産第1号のFG-150

小ぶりなのに、その実力は、43年経った今でも、これから成長しつつあるのである!!

すごいよ。この爆音。
ぜひ、聴いてね。
by artwing | 2012-10-27 19:36
★インターネットラジオもおかげさまで51回目も既にアップしております。

これからもがんばっていきますので、是非、また応援してね。

インターネットラジオ 天なび


で、レコーディングスケジュール


★まずは、26日。

あの京極さんのギターのレコーディングです。
僕のギターをフューチャーしたというものを一つ作りたいとおっしゃっていただいていますので、
ギターは1980年製のSuper Adamasと、Martin D35を持って行きたいと思います。

僕は、最近コンサートではAdamas、レコーディングでは、MartinD35の生録りがほとんどですが
今回の場合はレコーディングでもAdamasの出番もあるかもしれません。
2回の録音を重ねてみたいなと思ったりして。


★で、27日&28日はまた松本。
松本の丸山さんの作品のアレンジをパソコンを使ってしっかりと作ってみたいと思っています。
修正が必要なものも、このタイミングで固めてしまって、実際のレコーディングに備えたいと思っています。


★11月3日~4日
長野県岡谷市のあいとぴあ岡谷というホールで、
安川かんなちゃんはじめ、故安川誠さんゆかりの皆さんのコンサートがありまして、私は音響スタッフで
出動です。
今回のチーフオペレーターは、笠木透さんと一緒に活動されている、ぽこあぽこの鈴木幹夫さんのバンドで
ベースを担当している星井淳さん。
僕の機材の情報をいろいろいただいている方です。
またバッチリとがんばってみたいと思います。


★その後、松本の丸山さんのレコーディングが続きそうです。

また2月リリース予定の雅音人と愛知県の東浦の文章家 宮嶋治雄さんの作品のコラボの楽曲の
レコーディングもスタートします。

毎週松本という感じになりそうですが、
良い作品を作らせていただきますようにしっかり精進したいと思っています。


★また、ここに来て、ホームページのリニューアルをもくろんでいます。笑

ARTWINGLABELのホームページもあまり変わっていませんし、
ここで大幅リニューアルを考えています。

時代も変わってきて、いいホームページ作成ソフトも出来ていますので、
ある程度落ち着いてきたら、そちらも手掛けたいと思っています。


いろいろ満載ですが
しっかりと地に足を付けて、一つ一つ魂込めて音を作って行きたいと思います。
宜しくお願いします!!
by artwing | 2012-10-24 06:13
d0063599_23305220.jpg

久々ですが、安城のバラッドさんにおじゃましました!
いやー久しぶりですわ。
今日は、制作関係は少しお休み。
小休止。
明日から、またがんばるのだ!
11月は、
毎週松本っぽいのです。
レコーディングが続きます。
がんばります!
by artwing | 2012-10-23 23:23

制作とコンサート準備

現在、2つの作品の制作中。

★愛知県東浦の文章家「宮嶋治生」さんの作品をCD化する制作を行っています。
今回は、ご本人が厳選された作品に、曲を付けて、音楽にするというところからスタート。
現在、8曲の作品が姿を現してきました。

一つ一つの言葉の意味を噛みしめながら書かれている作品に曲を付けるというのは
Tamikoさんの仕事。
ほんとにスゴイね。イイ曲が付いてきました。

先日13日に仮録りを行いまして、全8曲が出来てきました。

来年2月ころ全国リリースの予定で、制作しています。


★松本市の70代の現役ミュージシャン 丸山俊治さんの作品のアレンジ&レコーディング
同時進行で、全11曲にもなる丸山俊治さんの楽曲のアレンジを行っていまして、
アレンジが完了したら、レコーディングを行う予定になっています。

何度も聴いていると、歌の中のハートフルな所がにじみ出てきて何とも暖かい気持ちになります。

素敵な曲になるように頑張っています。


制作チームを結成してまして、僕が、全体の形を作る、滋賀の中司治彦さんがmidi関係のデータを作成、
サウンド変換など、奈良の久米田廣道さんがリード系の楽器を生収録などなど。
この3人で、アレンジの形を作っています。
様々なご要望をいただきながら、それを上手く音にしていく作業を行っています。



★レコーディングに参加しています。
京極さんのレコーディングに参加!

インターネットラジオ天なび50回記念のナビゲーターもしていただきました津山孝一さんが作詞、作曲
ボーカルをつとめるバンド京極さんのレコーディングに
ハーモニカと一部のアコースティックギターで僕、参加させていただいています。

また、アコースティックギター収録が26日に行われますので、
準備して望みたいなって思っています。
がんばります~



★コンサート準備中です。
今週末、10月20日は、岐阜のグランベール岐山というホテルで雅音人コンサートです。
ということで、コンサート準備中です。
何と、僕の母校、「羽島高校」の90周年記念の行事にてゲスト出演です。

今回は、音響も同時に行いますが、この会場が何と、横長でして、スピーカーの設置場所が非常に難しいのですね。
PAスピーカーは前と横に設置の予定で、スピーカーケーブルで20m2本、10m2本、フロントだけでこれだけの長さのケーブルを使用します。
コンサートはイントロダクションで1曲。
その後、約1時間ほどのコンサート、エンディングで1曲。

いい音で良い音楽を演奏したいですね。

ということで、今週もいろいろさせていただいています。


★インターネットラジオ、今週から通常版です。
インターネットラジオ 天なびも50回を迎えました。
今週末の収録から、通常のインターネットラジオ天なびとなります。
また、来年あたりですか?
100回になるのは・・

何て、今から考えても仕方ないですが、一回一回、様々な方々の声を収録したいなと思っています。
これからも宜しくお願いいたします。
by artwing | 2012-10-16 06:28
昨日は、49回目の僕の誕生日でして、本当にたくさんの方々からお誕生日メッセージをいただき、
大変恐縮でございます。
本当にありがとうございます。

これからも、良い音楽を発信していこうと心を新たにしております。

現在、制作2つ、参加レコーディング1つ、コンサートの準備など、いろいろ同時進行で進めておりまして
制作については、
松本のミュージシャンの方のアレンジとレコーディング、
愛知県東浦町在住の物書きでいらっしゃる宮嶋さんの作品に曲を付けて作品化、
レコーディングしてCDリリースという流れで現在制作中。

また、素敵なバンド 京極さんのレコーディング。
音楽に向かう姿勢が皆さんとても気持ちいいバンドの皆さんのCDが愛知県で制作中なのですが
僕も、ハーモニカと一部の曲のギターで参加させていただいておりまして、
とても光栄でして、とてもありがたいです。

12日には、笠木透さんの音響の設営、オペレート、
またコンサートも今週20日には、何と、僕の母校、羽島高校の90周年記念行事のゲストとして
雅音人が出演致します。

様々な活動をさせていただく中で、
たくさんの方々に誕生日メッセージをいただき、本当に感謝です。
ありがとうございます。

これからも心に寄り添う音楽制作をさせていただこうと思っています。

今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。


雅音人 辻 喬之
by artwing | 2012-10-15 06:41
こんにちは!50回記念バージョンの天なびアップしました。
前回同様、ナビゲーションは京極の津山孝一さん!
今回は生演奏もありますよ!
何と!京極の津山さんが、雅音人の曲にチャレンジしています。
そして、雅音人は、何と、最近コンサートで発表した新曲、「蒼い風」を、ネットラジオ生演奏で公開!
ナビゲーションも内容も50回の記念にふさわしい内容になりました!
ぜひ、みなさん聴いてくださいね!!

インターネットラジオ 天なび
by artwing | 2012-10-14 08:13
いよいよ50回記念のインターネットラジオ天なびがアップとなりました。

第1弾 第49回、2012/10/7号

何と50回の10月14日が、辻の誕生日ということもあり、

49回目の、50回記念第1弾では、
49歳を迎える辻の音楽人生を振り返ってみようというテーマで
お送りします。

ナビゲーターは、
あの素敵なバンド、京極さんのボーカル、津山孝一さんです。

面白すぎて、腹をかかえて笑ってしまった収録!もちろん生と同じです。
是非、聴いてみてくださいね。

今回はスペシャルということで、30分を越えるインターネットラジオとなっていますが
楽しいですよ!!


インターネットラジオ 天なび
by artwing | 2012-10-06 16:57