雅音人の制作日記

artwing.exblog.jp

雅音人の日々の制作風景をつづっていきます。

ブログトップ | ログイン

<   2009年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

あのプロハーモニカ奏者平松悟さんが
愛知県日進市のジャイブカフェに登場します。
今回で、3回目、初の日進から1年になります。

生で、近くで、是非ご体験くださいませ。

d0063599_4411326.jpg


日程:2010年1月17日(日)
場所:JIVE CAFE
愛知県日進市蟹甲町家布57-1
お問い合せ:JIVE CAFE
0561-75-6631

ハーモニカクリニック
15:00~16:00
1000円

ライブ
16:30開場
第1部:17:00~17:40
第2部:18:00~18:40
ライブ入場料 前売り、当日共に2800円
飲食別途

終了後、ご希望の方は歓談会もあります。


平松悟 プロフィール

平松 悟(ひらまつ さとる、1977年 - )は、
日本のハーモニカプレーヤー。
無所属のミュージシャン
中国に留学経験があり、中国語が堪能。
2000年全日本FIHハーモニカ大会優勝、2002年ハーモニカアジア大会金賞、
2003年日本ハーモニカ賞受賞(全日本ハーモニカ連盟)、
2005年ドイツ世界大会2位(ジャズ部門)など受賞している。
テレビ、ラジオ出演、ライブ、レコーディングの他に、
*skypeやyoutubeボイスブログを利用し遠隔レッスンなど、
ハーモニカ普及活動も行っている
1曲の中で何本もハーモニカを持ち替えるなどの方法で、
1本では出し得ない音、多種多様なジャンルを演奏する。
日本、中国などを中心に演奏活動を展開している

2007年12月アトスインターナショナルより 
教則DVD ブルースハープの嗜み(たしなみ)でデビュー

ブルースハープの嗜み
2008年4月創風社より日本初めてのタングブロック専門書
The Real Book Blues-Harmonica 第3巻 出版

提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
by artwing | 2009-12-25 04:42
長野県の方々しか
見れないかな~

本日12月25日の夕方6時からのNBS長野放送の
長野県ニュースのコーナーで、
「おおまきの唄がきこえる」の絵本完成までの取材が
番組として放送されるそうです(6:20過ぎか?)。

雅音人の紹介は少しかもしれないけど、
清内路での録音の様子などが映ると思いますよ~

ぜひごらんくださ~い!

誰か
ビデオにとってくれないかな~

とれそうな方
ぜひお願いいたします~
by artwing | 2009-12-25 04:19

「インストアライブ」

普通、インストアライブって

CDショップでするんでしょうね。

まあ、現在では書籍とCDを一緒に販売しているところが多いんですけど。



この度雅音人の「インストアライブ」を行なうと決まった場所は

純然たる「本屋さん」。

松本市平田駅のすぐそば

「興文堂」という書店です。

2年前に作られた新しいお店です。

d0063599_5352692.jpg


昨日初めて行ってみました。

来年用のシステム手帳が欲しかったんでね。



行ってみるととてもすっきり広々しているお店でした。

なんと、入り口左側にはカフェもあるんです!

天井が高くて

こりゃあ、音響使ったらいすごくいい音で響くかも・・・・



きっと本屋さんでライブなんて

CD付き絵本でも出版しない限り

歌う機会ないでしょうね〜〜!

楽しみ楽しみ!!



この日はお仕事帰りですっぴんでマスクしていたので

素性は明かさず、そっと偵察して手帳を購入して

雅音人です、とのご挨拶もご遠慮して

そのまま帰ってきました。



来年1月16日(土)午後3時くらいから行ないますよ〜!

「おおまきの唄がきこえる」CD付き絵本

原画展&ライブですよ〜〜〜!!
by artwing | 2009-12-18 05:35
こんにちは。
ラジオの絵本の反響、どうかな~??などと思っていたのですが
うーん、そうか~
あまり触れられなかったみたいです。
現地のTamikoさんからのレポートです。

d0063599_6471780.jpg



11日の昼前、おおまきの絵本の出版社オフィスエムさんから
「明日のラジオで朗読されるみたいだよ」とご連絡が!

聞けば、SBCラジオの関係者の方が
そう話してシリーズで出版になっている
「太一と夜泣き松」と「おおまきの唄がきこえる」の2冊の絵本を持って行かれたというのです。

毎週土曜日、SBCラジオで放送の番組「つれづれ散歩道」という番組。
長野県では人気の武田徹さんがパーソナリティーをされているの。
11:30から放送だって!と聞いて
こりゃ、聴くことができる皆さんにお知らせしなくちゃ、と
数名の方々にメールをいたしました。

きっとラジオだから、CDは流してくださるだろうね~、なんて思ったり
どんな風に誰が朗読してくださるのかな~~?なんて思ったり
とりあえずは自宅にいられたので
時間を待っていました。

そしたら・・・

「・・・子どもたちの心に木を植えよう、と財団法人緑の基金で絵本を作ったんですね~」
と始まり、うんうん、なんて期待して聴いていたんです。
そしてそこからずっと絵本の成り立ちのお話で
あっという間にそのコーナーが終わってしまいました。。。。。

あらら・・・みなさんにお知らせしたのに
朗読も音楽もなしでした、とほほ・・・。。。

ほんと、そのつもりでお聴きくださった皆様、申し訳ありません~~~!!!

ちょっと聞きかじり情報で
思い込むのは危険ですね~~。
でも似たような経験は今までもあるんですよね~。
分かっていたのにな~。
期待しすぎちゃいけません!!
自分への戒めです、この言葉。

次回からはもっとリサーチするか
確実な内容だけをお知らせいたします。
ほんと、ごめんなさ~い!
by artwing | 2009-12-14 06:47
長いタイトルですが、号外みたいなニュースが飛び込んできました

CD付き絵本で11月10日正式に発売になった
「おおまきの唄がきこえる」
d0063599_3571341.jpg



これが、週1ということになりそうですね。
12月12日(土)から
SBCラジオ(信越放送)
1ヵ月間に渡り
絵本に付いている雅音人のCDの音楽とともに紹介されることが
決定しました~

まずは、
12月12日(土)
番組自体9時05分からは始まっていますが、その中で、ご紹介は、
午前11時30分ころからということです。
「つれづれ散歩道」の中で紹介されます。

パーソナリティは
武田徹さん

長野県の方々は、
是非、お聴きくださいませ~

車の中で、ご自宅で
携帯ラジオで

ラジオなので
手軽に聴けますよね~

是非お聴きくださいませ~
by artwing | 2009-12-12 03:57
来年は、エンジンのかかりが早いかも~
もう2010年1月のスケジュールがかたまってきました。
1月は、木祖村のイベントが名古屋であったりして、
雅音人を名古屋で観ることもできますよん。

2010年1月雅音人スケジュールでーす。

d0063599_7582242.jpg



1月9日(土)松本市中町 ミュージックコートHANA

1月10日(日)秀雅レコーディング(サンプル制作)

1月16日(土)興文堂平田店(松本市の本屋さん)インストアライブ~おおまきの唄がきこえる原画展~
興文堂平田店ブログ
こんな素敵な本屋さん
d0063599_812437.jpg



1月17日(日)平松悟 ハーモニカコンサート音響、バック演奏~辻~日進ジャイブカフェ 15:00~ハーモニカクリニック 17:00~ライブ
ジャイブカフェのおやじ日記

1月23日(土)~1月24日(日)アスナル金山(名古屋)木祖村関連行事出演~雅音人コンサート~
アスナル金山ホームページ

1月30日(土)安曇野 ファインビュー室山 ロビーコンサート 15:30~ 17:00~ 19:30~ 
ファインビュー室山ホームページ

2月11日(祝)千葉コンサート~12日東京

by artwing | 2009-12-09 08:01
秀雅
これ、「しゅうが」って呼びます。
またまた、Tamikoさんの命名であります。

天から音楽が降りてくる、千葉の弁天歯科の院長先生、秋山秀樹さんの音楽と
雅音人の音楽とのコラボレーションがスタートするのです。
秋山秀樹さん
d0063599_6331410.jpg


秋山秀樹さんの音楽は、こちらでお聴きいただくことができます。
秋山秀樹さんmyspace
d0063599_6492222.jpg


雅音人Tamiko
d0063599_6402179.jpg


こちらのブログでも書きましたが、
幸也さんと、雅音人のTamikoさんとのコラボ映像。
こんなイメージであります。

楽曲イメージは、秋山さんが天からいただいたイメージをそのまま生かして、
秋山さんが天から、断片的に得られている歌詞のイメージをいただいたものを
Tamikoさんがふくらませて、歌詞を作って、歌物の作品として完成させるんですね。
現在、14曲の楽曲に歌詞が出来上がっています。
幸也さんのアレンジのものが5曲あり、向さんのアレンジのものが、9曲。
その中で、幸也さんのアレンジのものは、上記のコラボ映像のようなイメージ。
幸也さんのアレンジのスタイルで、歌をレコーディングしていきます。
向さんのアレンジの楽曲は、歌物にアレンジも切り替わります。
アレンジを手掛けるのは、アートウイングを誇るアレンジャー!笑  菅妙子さんです。
コンサート活動もスタートいたします。


雅音人blogより



2008.9.1うらやすニュースより

天からの音楽をCDに
弁天歯科の秋山院長が制作
きょうから販売 癒しの「Dream」

天の啓示を受けて作曲している秋山さん
 弁天歯科診療所院長の秋山秀樹さん(50)は、オリジナルCD「Dream」を制作し、きょう9月1日から同院受付で販売します。価格は1,000円。
 秋山さんが作曲した曲をプロに依頼してシンセサイザーで演奏したもので、歌詞はなし。
 秋山さんは昭和33年4月、広島県生まれ。日本歯科大卒後、浦安に移り住み、25年前の昭和58年9月1日、市内で弁天歯科診療所を開院しました。
 秋山さんは幼い頃、幽体離脱や予言など何度も神秘体験をし、神の声も聞いたそうです。それは世界中の人の〝救済〟を願うものでした。
 しかし、どうすればその崇高で遠大な「夢」が実現するのか、まったく分からないまま成人になりました。
 幼い時から絵を描くのが好きで、展覧会にも出品しながら、ライフワークとして描き続けていますが、音楽の経験は、15年前に歯科医仲間とジャズバンドを結成し、トロンボーン奏者として約10年間活動したことと、バイオリンを習ったことがある程度。作曲の勉強は皆無で、譜面を書いたこともありませんでした。
 そんな秋山さんの元に音楽がやってくるようになったのは、10年ほど前のこと。午前3時ごろになると、毎日のようにクラシック音楽のような音の断片が聞こえるようになりました。
 「最初のうちは、曲と呼べるようなものではなくて、どこかで好き勝手に音が鳴っているという感じでした。でも、2006年2月にめいの結婚式の前夜、『めいと赤ちゃんのために曲をください』と熱心にお祈りをしたら、初めて、きれいな曲が降りてきたんです。頭の上の方かららせん状に曲が降りてきて、目の前にくると、その譜面と曲の意味が分かるのです。すぐに、その聞こえてきた曲を『ソラソソ…』とカタカナで記録しました」
 今回、CDになった曲「Dream」も同様に天から降りてきた曲のひとつ。この曲の意味は「限りない道の向こうに夢がいっぱい広がるよ。悲しみや苦しみはなくなるわけじゃないけれど、優しい人は必ずいる。だから、生きる、生きるんだ」。
 「作曲者は私の名前になっていますが、私はただ音楽の通り道になっているだけと感じています。実は、幼いころからの『夢』の実現の一歩が音楽で人を癒すことだったと気付いたのです。バッハはみずからの音楽を『命のよみがえり』と言ったそうですが、私も音楽を通して世界中の命がよみがえることを願っています。『Dream』は人の心に安らぎと優しさを与える癒しの音楽です。商売でやっているわけではないので、量産はできませんが、ぜひ、聴いていただきたい」
 秋山さんの連絡先は弁天歯科診療所(浦安市弁天2-24-8 TEL&FAX 047-354-5207)。HPはhttp://www.benten-dental.jp/
by artwing | 2009-12-04 06:50
僕は、ギターそれほど難しいことの出来るミュージシャンではありません。
ただ、一音一音丁寧に音を出そうと心がけているだけです。
たとえば、Cのコードがあるなら、
普通のCを押さえて、しっかり音を出すように丁寧にピッキングする。
ビビリは無いかとかチェックしながらね。
それと、コードチェンジのときの変な音は出ない様に注意する。
そのことって大事かな~って思ってるんですね。
ま、そんなことはどうでもいいですが、
いつも音響を手伝ってくれている成川氏が、とっても素敵な機材を買ったとか
いろいろ報告があったりして、いいな~って思ったりして。笑
その中で、面白い物、持っているんですね~彼。
BOSS AD-5
d0063599_1924572.jpg


これは、既に販売終了しているものですが、
なかなかの素晴らしいものなのでありまして、プロの中でも
いまだに重宝しているすぐれものなのですが、
大人気でありまして、相変わらず手に入れることが難しいものであります。
それを普通に持ってて、
そのタイミングで、僕が読んでいる音響関連雑誌で、「SOUND DESIGNER」というのがありまして、
エース清水さんが、アコースティックギターの演奏時のエフェクターなどを
ご紹介されているのであ~る。
そこには、進化?バージョンのAD-8が登場するのでありまして、
この機材の使い方などレクチャーされているのであります。

d0063599_20103114.jpg


チェックしてたら、ADシリーズがいろいろと出てきて、タイミングという意味は大きい?
手に入れろってことか~??

AD-5はオークションにもほとんど出てこないのでありますよ。これは。

ということで、本題。
冒頭に書いたごとくに、僕は、難しいことは出来ないだけに、サウンドに相当こだわっている。
アコースティックギターのサウンドを良くするためにはどうしたらよいかっていつも考えているのです。
生音なら、良いのかっていうと、実は違うのですね。
聴きやすい、雅音人のTamikoさんの声のバックの音として素晴らしい物をいつもさがしているのです。

僕のギターは、K.Yairiの辻スペシャルというたった一台のギターであります。

d0063599_193357100.jpg


ピックアップもとっても変わっていて、
以前サンプルで付けてみたものをそのまま付けているギターであります。

d0063599_19344588.jpg


中をのぞくと、辻スペシャル。
d0063599_19353712.jpg


サウンドは、きらびやかな感じなのですが、とっても優しい、やわらかい、不思議と癒されるような
とっても素敵なサウンドなのであります。
それで、このギターのサウンドは本当に、いままで弾いてきた中でも、何とも不思議な魅力があり、
最高の部類にいれても良いと思っている逸品であります。

生で、聴かせるのも良いですが、僕は、コンサートでは、かならずコーラスを使います。

BOSS CE-3
d0063599_1938692.jpg


このコーラスは、以前にも書きましたが、何が良いかというと、コーラスをあまり主張せずに、
不思議なぬめり感があったり、広がりがあったりするので、
パッと聴くとコーラスがかかっているのではなく、何のエフェクトがかかっているか分からない感じなのですね。
そこが良いところで、ギターの良さと、エフェクトを上手く掛け合わせることができるのです。

そこで、DIなのですが、
出来ればAD-5か、AD-8を使いたいなって思ってますよ。
胴鳴り具合の調整とか、ピエゾ、マグネチックのミックスも簡単にできる。
とても広がりのあるエフェクト兼DIだと思いますよ。

しかし、ネット上の各情報によりますれば、
AD-5は誰が言っても名機という話になっていますね。
ネットでも滅多に見あたりません。

その情報によれば、ふむふむ・・・
AD-8よりもAD-5の方が音が良い!!!???
これは、ROLANDの機材には良くある話ですよね。
エフェクターなんかこのCE-3なんかも良い例。
今のエフェクターはみんな海外製で、音もクリアーだけど、クリアーっていうだけ。
音は感じなきゃ!!
クリアーなら何でも良いなんてことは絶対ないわけで、
CE-1が今でも高値で取引されているのを見てもわかるごとく、
初期の、このデカイコーラスが、現在のCE-5とかよりも全然音が良い。
昔のデジタルリバーブのRV-2には、リバーブ機能と、ディレイ機能がドッキングしていたが、
現在のRV-5にはリバーブ機能しかなくて、別のエフェクターとして、
デジタルディレイがある。
これは使い勝手がよくないし、高いし、いろいろ問題ありだよ。

AD-5は、ポルノグラフィティーのギターの方もお使いだそうで、
プロのギタリストも探しているみたい。
そりゃ、ネットにもないわね。
何とか手に入れたいものだわ。
成川氏がこれ持っているってのも凄いね。
最近ボーズのスピーカー買ったみたいで、これもまた思い切ったねって話したけど
結局は良い機材はあとあとまで残っていくものだね。

僕はチューナー機能は、ここにはいらないですね~
僕は、もうこれしかダメになってしまいました。
チューナーというのはやっぱ発明した会社、KORGのが素晴らしいです。
PitchBlack+
d0063599_20181984.jpg

超正確で、反応がすごいです。真っ暗のところや、太陽の光で見にくくても
結構チューニングできるので、大重宝しています。
これがあるから、チューナー機能はいらないんですね~


てなわけで、先日紹介した、ARTの真空管アンプを売って、AD-5とか、ほぼ買おうという決意。笑
そんな感じの今日の僕でした。
by artwing | 2009-12-03 19:43